バナー

皮膚科での敏な肌の治療法

皮膚科では敏感な肌を相談して、適切な治療をしていくことができます。敏感肌は本人にとっては死活問題でもありますから、皮膚科での相談で健康な肌にしていきましょう。

皮膚科での治療は、肌の状態をチェックすることから始まります。

敏感は肌は乾燥もしているため、乾燥肌にも近い状態です。

今よりも表参道の皮膚科に関する情報をまとめました。

その気になる肌の部位を、医師は目視でチェックします。

悪化した皮膚欠乏性湿疹であるのか、皮脂欠乏症か、アトピー性皮膚炎なの、プロの皮膚科医にはわかります診察では生活習慣とか、お肌のお手入れ状態も聞かれます。



アレルギー持ちであるとか、仕事が忙しくてストレスを抱えているなど、肌への悪影響は何かを見つけていくようなものです。

受診前には問診票を書きますから、それをもとに進めていきます。

珍しいGirls Channel情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

皮膚科医から見ても軽症であれば、肌にとても優しい保湿剤の処方があります。

肌に炎症があるとか、強いかゆみを伴うようで荒れれば、重症ということでステロイド外用薬の処方もあります。

非ステロイド外用薬や、抗ヒスタミン剤などの処方であり、使用方法も説明してくれます。

その後はお医者さんに提案してもらったように、自宅でのケアをしていきます。


簡単に言えば、経過を観察しながら、必要に応じて薬の追加を検討するといった感じです。
病院で処方してもらった保湿材や外用薬は、正しい使い方を守りましょう。


自己判断で途中で使わないことがないように、肌の状態を確認しながら継続的な治療をすることです。