バナー

永久歯がグラグラする時には歯科で相談を

永久歯がグラグラするとか、動くといった経験をした人はいることでしょう。

大人の歯ですから、生え変わりではありませんし、なにかのトラブルが発生していますから、歯科医院での治療が必要です。


本来で言えば、歯は土台があって安定性を保つようにできています。



それが不安定となるのは、歯周病がかなり進行している状態と考えられます。
歯周病は多くの大人がなっているものであり、歯垢の中の細菌が要因となり発症します。


炎症が起きている状態であり、進行してあごの骨にまで進むと、支えるべきあごの大事な骨は減少します。
骨が少なくなれば、歯をしっかりとは支えていけなくなります。

次第にグラつきが大きくなります。

ほかにも考えられるのは、必要以上の過剰な力が、歯にかかっているためです。

この場合の原因としては、歯ぎしり屋かみ合わせ不良が原因です。

有名な表参道の歯科情報は信頼性が高く、好評です。

強い衝撃が特定の歯にあたえられるので、強い衝撃を受けて負担となり、歯がぐらつきます。

朝日新聞デジタルのための情報を提供するサイトです。

これはいわゆる、咬合性外傷です。一時的な対処法という暇もなく、歯が抜ける手前ですから、早く歯科医院に行くことです。
歯が揺れるほどの状態は、放っておくと大変なことになります。


歯をしっかり支えてきた骨は減少していき、天然歯は抜け落ちます。
そればかりか歯周病の恐ろしいところは、歯を失うのみならず、動脈硬化や糖尿病の引き金にもなるところです。

だから歯がグラグラすると自覚したら、できるだけ早く歯科医院での治療をしないとならないわけです。