バナー

歯が抜けたの歯科医院での治療法

歯が抜けた状態の原因となるのは、まず考えられるのは、外的な刺激です。
何かにぶつけてしまい、脱臼したケースです。

誤って転倒したり、なにか事故にあって歯への外傷をうけると、歯が折れたりかけたりします。

対処法を決めるにしても、根元が折れていないかどうかで異なります。口内の歯周病が重度になると、歯は抜けることがあります。

あごの骨が溶けて少なくなったり、支えていた顎の骨に炎症などで、歯が抜け落ちることは実際にありますから歯周病は怖い病気なのです。

あごの骨が健康であってこそ、歯は支えられています。
骨が溶けて減ることで支える力がなくなれば、歯は抜け落ちることになります。
もしも歯茎に炎症を起こしているなら、すでに歯周病の可能性は高いです 一時的な対処法として、店頭などの場合であれば、抜けた歯は無くさないように、すぐに探しましょう。



流水でよく洗い、清潔な水や牛乳に付けます。

ここでポイントとなるのは、絶対に乾かさないことです。

水分に浸した状態で歯科医院へ急ぎましょう。

可能性が残っていれば、元の状態に戻ることも希望があります。

goo ニュースの情報はかなり役に立ちます。

もしも欠けてしまった歯が見つからないのであっても、早く歯科医院へ行き、適切な歯科治療を受けましょう。

原因が歯周病で抜けた場合でも、周りの健康な歯に悪影響が出ないように、早めに歯科医院を受信することです。


トラブル等で抜けた歯をそのままにすると、失った歯とバランスよく噛み合っていた歯が伸びてくる可能性があります。



今までみたいに噛み合う歯がないためです。